PNtech

サーバを守る猫が、物忘れしてもいいようにメモをとるところ。UbuntuとかEclipseとかPythonとかJavaとか、つまみぐい。

憧れのブロガーさんにメッセージを送った話

ご無沙汰しています、ぽすぼんです。
人生いろんなことが起きます。いまどん底です。食う金にも困っています。

今日は、30分くらい前にびびっと惹かれたブロガーさんに、「会ってください」とメッセージを送った話。

ステップ1:婚約破棄され食う金に困る

職には就いていますが、最低賃金の時間給+歩合給なので、出勤せねば飯は食えません。
しかしいまの私に何が起きているか。一言で申し上げれば婚約破棄されました。ズタボロ。人前に出れず。彼のために引っ越してくるのに、計50万くらい使った。

ステップ2:「現実問題、稼がなきゃホームレスでしょ」と諭される

  • 彼から「ごめんなさい」の一言を聞きたい・・・
  • なぐさめて・・・
  • 今月末はなんとかるけど来月はどうか・・・

こんな感じで男友達に相談したら、「女は感情、男は理論で話をするというけれども」という前置きの上、「同情はするが現実問題働かなきゃ家もなくなるでしょ」と諭された。

ステップ3:プラスで家でできることを考える

定職についているとはいえ、1食分の食費でもいいからお金が欲しい。会社では働ける時間が決まっている。家でできることはないか。
そこで考えたのが副業です。小一時間ブログを読み漁りました。

ステップ4:会いたい、話をしたいブロガーさんを見つけた

記事を読んで、すぐには収益にはつながらないのはわかっていても、それでも食う金に困ってるんだから一度やってみたいと思うことができた。それだけでもこのブロガーさんには感謝したい。会いたい。話をしたい。

ステップ5:問い合わせフォームから連絡した その1

連絡先をッターン!!とEnter2回押したところで送信された。本文空白。空メール。

ステップ6:問い合わせフォームから連絡した その2

空メールから気を取り直して。

  • さきほどは空メールを大変失礼いたしました
  • どん底から再起したい
  • 記事を読んで生きる活力がわいた
  • お話ししたいので貴重な30分をどうか頂戴できないか

ざっくりこの内容を送りました。電話番号とメールアドレスを添えて。

ステップ7:問い合わせフォームから連絡した その3

この事態にSNSアカウントを伝えないのは時代錯誤ではなかろうかと、アカウント情報を添えた。あとこのブログ。見てもらえるだろうか。

最後に

困っているので、ほしいものリストを公開します。生き延びるために恥を忍んでここに記します。まだ生きたい。

Amazonほしいものリスト